言語としての「日本語」を理解する

把“日語”作為一種語言來理解

日本語に関する學問には、文學や文化について研究する「日本文學」のほかに、一種の科學的な視點で言語としての日本語を研究していく「日本語學」があります。特に、日本語を母語としない外國の人々を対象とした日本語教育では、言語としての日本語の構造性質を理解することはとても重要になります。

關于日語的學問,除了研究文學、文化方面的“日本文學”之外,還有以科學視點把日語作為一種語言來研究的“日本語學”。尤其是針對非日語母語的外國人來說,把日語當作一種語言,通過理解其構造和性質來學習是十分重要的。

同じ「ん」なのに、何が違うのか?

同樣是“”,有什么不同?

発音の例を紹介しましょう。「あんぱん」という単語の中には、2つの「ん」が含まれています。日本語を母語とする人にとって、この2つの「ん」は表記も発音も同じ「ん」と認識されていますが、ほかの言語を母語とする人には、発音が違うのに表記が同じ文字と受け取られます。

介紹一個發音的例子。“あんぱん”這個單詞中,含有兩個“”。對于母語是日語的人來說,會認為這兩個“”的寫法和發音都是一樣的,但對于以其他語言為母語的人來說,卻會把它認作為是一個寫法相同、發音卻不同的詞。

しかし言語として分析してみると、「あんぱん」の最初の「ん」は、その後に続く「ぱ」の発音の「構え」で発音される(逆行同化)ため、唇がくっつく形で発音されています。一方、最後の「ん」は、唇をくっつけない形で発音されています。それを意識しながら「あんぱん」と発音してみると、明らかな違いがあることに気づくはずです。

事實上,把這個單詞作為語言來分析一下,“あんぱん”中第一個“ん”的發音,由于在“ぱ”的前面,所以產生了結構上的逆行同化,即是以閉唇狀態而形成的發音。另一方面,后一個“ん”的發音卻是以開唇狀態而形成的。在得知這一點時,再來試著念一下“あんぱん”,應該能明顯地感受到其中的不同。

相手の國の背景知識を學ぶことも必要

很有必要學習對方國家的背景知識

日本語教育では、日本語自體についての理解のほかに、教える相手の母語やその國の背景知識についても學んでおく必要があります。例えば中國語での「謝々」(ありがとう)という言葉は、距離の離れた人に対して使う感謝の言葉です。戀人や友だちからプレゼントをもらったときに「謝々」と言うとよそよそしい感じになってしまうので、「いいね、これ高かったの?」などと言う習慣があります。日本語を母語とする人の感覚からするとちょっと不思議な印象ですが、日本語教育ではこうした違いを把握した上で、「日本語では親しい人に感謝の気持ちを伝える場合にも、シンプルに『ありがとう』と言います」と教える必要があります。

在日語教學中,除了理解日語本身之外,很有必要學習對方的母語及其國家的背景知識。例如,中文里“謝謝”一詞便是對和自己保持一定距離(關系)的人使用的感謝詞匯。如果從朋友或戀人那里收到禮物時說“謝謝”,就會顯得比較疏遠,一般會習慣說“真好,這個很貴吧?”對于日語為母語的人來說,感覺是有點不可思議的,日語教育就是要把握住這樣的不同性,有必要傳授“日語里,就算是對親近的人表達感謝之情,也會簡單地說句謝謝。”

言語としての日本語を客観的に理解し、教える相手の背景知識も踏まえておく、それが、日本語教育の現場で求められていることなのです。

把日語作為一種語言進行客觀地解讀,教學其知識背景,這才是日語教育當前形勢下所要追求的目標。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請注明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關推薦

日語詞匯(水果篇):會吃不會念?
日語學習:充滿情趣的優雅日語