話し言葉と書き言葉の差異

口語和書面語的差異

わたしたちが日常使う言葉には、「話し言葉」と「書き言葉」があります。話し言葉とは日常の會話に用いる言葉で、物事を「音聲で伝える」ときの言葉です。書き言葉とは文章を書き表すときに用いる言葉で、物事を「文字で伝える」ときの言葉です。この2つの言葉には、それぞれ特徴があり、狀況を考えながら適切に用いる必要があります。

我們日常使用的語言有“口語”和“書面語”。口語即為日常會話中使用的語言,在“用聲音傳達”事物時使用。書面語則是寫文章時使用的語言,在“用文字傳達”事物時使用。這兩種語言各有特征,我們有必要考慮實際情況合理使用。

しかし、「話し言葉」と「書き言葉」はどんなところがちがいますか?

不過,“口語”和“書面語”到底不同在哪呢?

話し言葉:

口語:

(1)文の長さは比較的短く、理解しやすい語彙が多く使われます。
(2)敬語、感動詞、終助詞、疑問詞などが多く用いられます。
(3)倒置、中斷、語順などの亂れがおきやすいです。
(4)男性語、女性語などの違いや、方言が表れます。

(1)句子長度較短,多使用易懂的詞匯。
(2)敬語、感嘆詞、終助詞、疑問詞等出現頻率高。
(3)較常見倒裝、中斷、語序等的混亂。
(4)會出現男性用語、女性用語等差異,還有方言。

(5)斷りや斷定などの表現では、柔らかみを持たせるため、なるべく直接的な表現を避けることが多いです。
(6)聞いただけでは區別できない場合があります。たとえば[使える]も[支える]も[つかえる]と同じ発音をします。でも、話し言葉は聲の調子や話し方で、意味を判斷できる場合があります。例えば、[橋]と[箸]。
(7)話し手の表情や顔色を見て、理解を深めることができます。
(8)特に親しい人との対話を除いては、必ず[です、ます]體がつかわれます。

(5)使用拒絕以及斷定等表達時,為了緩和語氣,會盡量避免過于直白。
(6)有時候會遇上光聽內容無法得以區分的情況。比如“使える”與“支える”都念作“つかえる”。不過,在口語中可以根據說話語調及方式來判斷意思。比如“橋(はし)”和“箸(はし)”(音調不同)。
(7)可以通過察言觀色來加深理解。
(8)除了與特別親近的人之間的對話外,說話時必須用“です、ます”體(表尊敬)。

書き言葉:

書面語:

(1)文は長めて、かなり難しい語彙もおおくつかわれます。
(2)文の構造は規則に従ってものが多く、省略はほとんどないです。文に修飾語などが使われ、重文が多くなります。
(3)文體の種類として、漢文體、和文體、文語體、論文體などがあります。
(4)書き手からの発信が一方的であるため、書き手は伝えたいことを明確に表現しなければならない。だれが読んでも理解できるように,共通語を用いたり,文章を整えたりする必要があります。

(1)句子較長,多用到難理解的詞匯。
(2)文章結構多遵從語言規則,基本無省略。句中會用到修飾語等成分,并列句會變多。
(3)從文體分類來看,有漢文體、和文體、文語體、論文體等。
(4)由于書面語是作者在單方面傳遞信息,因此必須明確表達想要傳遞的內容。作者有必要使用共通語、或者斟酌文章以使其易懂。

(5)書かれてあるので、読み手は何度も読み返すことができます。
(6)漢字や平仮名、片仮名を使い分けることで視覚に訴えるなど,意味が伝わりやすいように工夫することができます。
(7)文體はそのジャンルによってさまざまであるが、論文、公文書などでは[デアル]體が使われています。

(5)由于內容是寫成文的,讀者可以多次反復閱讀。
(6)可以巧妙加工內容使意思更為明了,例如區分使用漢字及平假名、片假名,使差異訴諸于視覺。
(7)文章種類不同文體也各有不同,在論文、公文書等文體中常出現“デアル”體。

【延伸】

左は話し言葉で、右は書き言葉です。

左是口頭語,右是書面語。

(1)です/ます → である
(2)だから → したがって
(3)でも/だけど → しかし
(4)便利だけど → 便利だが
(5)物価が高くて住みにくい → 物価が高く、住みにくい
(6)人に頼らないで、自分でする → 人に頼らず、自分でする。
(7)とっても/すごく → 非常に/極めて
(8)あんまり → あまり
(9)いっぱい → 多く/數多く
(10)ちょっと → 少し/多少
(11)答える → 回答する

不少同學參加考試總是能夠順利通過,但是口語能力卻有所欠缺,這里有一劑良方,根據你的口語水平對癥下藥,為你提供提升口語能力的絕佳方案


提交后請留意最近的陌生來電哦!我們的專屬學習顧問會通過電話的方式與你交流溝通~

點我去領取日語口語指導方案>>