4月20日、コンビニでの女性への暴行事件で逮捕された男女6人組人気グループAAAのリーダー?浦田直也。

4月20日,頗受歡迎的男女6人組合AAA的隊長 · 浦田直也因在便利店對女性施暴而被逮捕。

翌日釈放されてすぐ、謝罪會見を開いたが、肝心な部分は「(泥酔して)覚えていない」の連発、當日は髪を黒く染め謝罪に臨んだが、その理由を問われると、「黒いほうがいいかな」と返した。

次日,浦田被釋放后馬上召開了謝罪記者會,在回答關鍵問題時連連稱“(因為醉得很厲害)不記得當時的情況了”,當天他還染了黑發前來謝罪,但在被問及這么做的理由時,卻回了一句“就是覺得染黑頭發(再來謝罪)比較好吧”。

「報道陣とのやりとりの中、謝罪の場であるのに少し微笑んでいるようにも見える表情や言葉選び、すべてが『軽く』見えてしまいました。會見場に現れてすぐ、長く頭を下げるなど謝罪の姿勢を示していますが、その後の受け答えが、全く反省していないように多くの人に感じられてしまった。」と、ある蕓能ジャーナリストは語る。

一位娛樂記者說“在回答眾多采訪記者問題時,浦田明明身處謝罪的立場,表情卻帶著微笑,包括用詞,都讓人覺得‘輕浮’。當他出現在記者會現場時,馬上做出了低頭深深鞠躬致意的謝罪姿態,但之后受訪回答問題時,卻讓大多數人都覺得他沒有反省之意。”

謝罪會見はその後の活動を大きくを左右する

謝罪記者會對藝人今后的活動有著巨大影響

「SNSの発展によって、今までよりもちょっとした態度や受け答え方、話していることの矛盾や違和感などが大きく民意として拡散されるようになり、それですべてを失ってしまうことがある時代になりました。」

“隨著社交網絡的發展,現在這個時代,與以往相比,公眾人物的態度、回答問題的方式、所說的話中稍有矛盾或違和,其意義就會被大眾自主解讀并擴散出去,由此導致他們失去所有。”

前出の蕓能ジャーナリストが続ける。

上文出現的娛樂記者接著談道。

「最近ではNGT48の山口真帆さんの暴行事件関連もありましたね。運営側が第三者委員會による報告會見を行い、メンバーが関與した事実はないと明言した直後に、山口さんがツイッターで即座に反論。現時點では全く収拾がつかない狀態に陥ってしまいました」(同)

“最近的NGT48成員山口真帆受襲事件,與前面提及的事件也有關聯。運營方在第三者委員會舉行的報告記者會上,明確表示NGT48成員沒有參與該事件后,山口馬上在推特上反駁運營方所言。如今這件事已經陷入了完全無法了解的狀態。”(同上)

會見の発言はもちろん、內容や姿勢によって、そのイメージは大きく左右されてしまう。ほかにも、まだまだ近年の「しくじり謝罪」の例は枚挙にいとまがない。

公眾人物在記者會上的發言固然重要,但傳達的內容和姿態也會很大程度地影響其形象。除此之外,近年“錯誤謝罪”的案例不勝枚舉。


「ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫騒動では、ベッキーは好感度タレントらしく、発覚した當日、すぐに謝罪會見を開きました。そのときに彼とは友人で戀愛関係はないことを主張しましたが、直後に『(會見は)友達で押し通す予定!笑』『センテンス スプリング!』といった會見と真逆の內容のLINEのやり取りが流出。リカバリー不能の事態になってしまいました。

“Becky和極度卑劣少女的主唱 · 川谷繪音之間的出軌事件中,Becky貫徹自己作為“受歡迎藝人”的路線,在事件被爆當天馬上舉辦謝罪記者會。當時,她主張自己和川谷是朋友,并不是戀愛關系,但記者會后爆出兩人在LINE上的對話,“(記者會上)我打算一口咬定我們是朋友!笑”、“Sentence Spring!(暗指爆料事件的《周刊文春》)”,這些對話內容和Becky在記者會上所說的完全相反。由此一來,Becky陷入了無法回歸演藝圈的局面。

女子高生に強制わいせつを行った容疑で書類送検された、元TOKIOの山口達也も會見で“しくじり発言”をしました。彼は涙ながらに“許されるのであればTOKIOに戻りたい”と訴えましたが、その甘い考えが猛反発を受けたのです」

原TOKIO成員 · 山口達也因強制猥褻女高中生嫌疑而被送檢,他在記者會上也有‘失策發言’。當時,他邊流淚邊道‘如果能被大家原諒,我還想回歸TOKIO’,如此天真的想法受到猛烈抨擊。”

このような謝罪會見での失敗は、なぜ相次いでしまうのだろうか。禮儀やマナー本も執筆したあるライターは言う。

像這樣的謝罪記者會中的失敗之舉,為什么會接二連三地出現?曾執筆撰寫禮儀規范書籍的作家如是說:

「もちろん、それぞれのケースによって違うのですが、いちばん肝心な部分に対しての謝罪をすることが大切です。AAAの浦田さんの場合は、知らない女性に平手打ちしたという事実。そこを、すべて『覚えていません』で押し通してしまった。ベッキーさんも、戀愛関係の事実に大きなウソをついてしまった。よくある『軽率な行動で』などという、どうとでもとれる言動も信頼を得ることはできません。

“當然,每個案例的情況都不一樣,但謝罪作為最關鍵的部分,需要最為認真地對待。AAA隊長 · 浦田需要謝罪的是,他扇不認識的女性耳光這一事實。而他在記者會上,卻堅持說自己完全‘不記得這件事’。Becky也是在戀愛關系上撒了很大的謊。“我做出了輕率的舉動”雖然是常用的謝罪表達,但是意思很模糊,沒有誠意,所以難以挽回信任。

そして、謝罪をする相手に対しての誠意がまず見えないといけません。謝る人は、スポンサーやテレビ局への謝罪になってしまうケースが多く、これでは見ている人の共感を得られない。」

此外,謝罪者來謝罪,卻讓人看不到他們對謝罪對象最起碼的誠意,這樣是不行的;很對人實際是在對贊助商、電視臺謝罪,這樣得不到旁觀者的共鳴。。”

さらに、會見で謝罪後に行われる質疑応答に関しても注意が必要だと言う。

此外,記者會上,謝罪后進行的問答也需要注意。

「浦田さんの場合は、質疑応答での軽さが致命傷になりました。でも、質疑応答の場を設けたのはよかったと思います。

“像浦田這樣在回答記者提問時輕浮的表現是致命傷。但謝罪記者會上給記者機會能夠提出質疑并由當事人回答是正確的選擇。

「すぐ謝罪」の姿勢はもちろん大切だが、まず自身が起こしたことに真摯(しんし)に向き合うことが大切のようだ。

不過雖然出現問題后,馬上謝罪的姿態固然重要,但首先還是應該真誠地反省自己犯下的錯誤。

本翻譯為滬江日語原創,禁止轉載。

相關閱讀推薦:

兩年過去了,becky如今的好感度如何?

商務日語:道歉的正確打開方式