「えーっと、はじめまして。本日配屬された佐藤と申します。大學では學生団體の副代表として100人規模のイベントを開いていました。経験を活かして、1日でも早く戦力になれるように頑張ります。趣味は、映畫鑑賞ですかね、はい。よろしくお願いします」

“那個,初次見面,我是今天分配到這里的佐藤。大學時代我曾作為學生團體的副代表舉辦過規模有100人的活動。我將運用我的經驗,努力早日成為戰斗力。我的興趣是看電影。那么,請多多關照了。”

――退屈だ。そして鼻につく。あなたは、このような“最弱”の自己紹介をしてしまっていないだろうか。日本では自己紹介の仕方を習う機會がほとんどなく、殘念な自己紹介になってしまう人が多い。

——好無聊,而且惹人煩。你的自我介紹是不是也是這樣不堪一擊的內容?在日本基本沒有學習自我介紹方法的機會,所以有很多人的自我介紹都差強人意。

そこでおすすめしたいのが、鈴鹿久美子さんが著した『最強の自己紹介(たった30秒で人の心をつかむ)』(マキノ出版)だ。彼女は國會議員の秘書を15年間務めた後で選挙コンサルティングを始め、昨年末までの勝率はなんと88%! 

這里我想介紹的是鈴鹿久美子小姐所著的《最強自我介紹(僅用30秒就能俘虜人心)》(makino出版)。她做了15年的國會議員秘書后開始從事選舉顧問的工作,截止去年年底,向她咨詢過的人獲勝率高達驚人的88%!

「そうはいっても喋るのは苦手……」という心配はご無用。大切なのは流暢に話すことではなく「言葉を磨き込むこと」だと鈴鹿さんはいう。ポイントを紹介しよう。

“雖說如此,但就是不會說話......”這種擔心大可不必有。鈴鹿桑表示,重要的并不是流利度,而是“對詞句進行凝練”。介紹一下其中的要點。

POINT 1:自分の「話したい」という欲望を捨てよう

要點1:舍棄自己“想說話”的欲望

「聴きたいことをいわなければ、相手の心にはとどきません」と鈴鹿さんは斷言する。特に厄介なのが“自慢”だ。自慢したい過去の成果、自慢したい有名人の名前、自慢したい持ち物……自己紹介にこれらが混じっていないか點検してみよう。たとえ事実であっても、鼻につく部分はカットすべし。

鈴鹿斷言“如果不說出對方想聽的內容,就無法接觸到對方的內心”。特別麻煩的就是“自傲”。想要夸耀過去的成績,想要夸耀認識的名人名字,想要夸耀自己擁有的東西......讓我們檢查一下自我介紹中是否混雜了這些內容。即使這些是事實,也應刪去這些令人生厭的部分。

POINT 2:過去の失敗談を入れよう

要點2:加入過去失敗的經歷

「過去の苦い経験があるのとないのとでは、記憶に殘る際のイメージがガラリと変わります」と鈴鹿さん。失敗した過去は共感を呼びやすく、また失敗から得られた教訓は、あなたにとって磨けば光る原石なのだ。學歴などのスペックの高い人ほど、意外な苦労話はファンを作るという。

鈴鹿桑表示“過去是否有痛苦的經驗,會給別人留下完全不同的印象”。失敗的過去容易引發共鳴,而失敗中獲得的教訓對你來說是能夠打磨自己到發光的原石。據說越是學歷等各方面條件較好的人,他們的吃苦故事令人吃驚,進而獲得別人好感。

POINT 3:「冠言葉」を作ろう

要點3:創造一個“前置修飾詞”

冠言葉とは、一言で自分を表す言葉のこと。ここでも自分の視點は置いておき、相手にどんなメリットを提供できるかと考えるのが良い。「好きなものは??です」と相手の共感を得られそうな內容を入れる冠言葉もOKだ。

“前置修飾詞”是用一個單詞形容自己的話語。這里要放下自己的觀點,考慮能給對方提供什么樣的好處。“喜歡的東西是XX”這種容易與對方產生共鳴的內容也是OK的。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴謹轉載。

相關閱讀推薦:職場日語:如何成功地自我介紹?