苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし

應知曉:苦為樂之源,樂為苦之根

水戸黃門としても知られる水戸光圀の名言です。苦楽はいつも背中合わせ。そのことを知ることで、辛いことだけではない明るい人生について知ることができます。

這是以水戶黃門之名聞名的水戶光圀的名言。苦樂常相依。明白了這個道理,就會知道生活中不只有令人心酸苦痛的事情,人生其實是充滿了光明的。

*水戶光圀,即德川光圀,日本江戶時代的大名,水戶藩第2代藩主,是初代將軍德川家康的孫子,編纂了《大日本史》等書籍。

【例文】

生活が安定して苦は楽の種、楽は苦の種なのだから、いつかまた苦がおりかかるかもしれない。気を引き締めていきたい。

現在的生活很安定,但苦樂相依,不知道什么時候苦難就會降臨。還是提前多加注意比較好。

重點詞匯:

引き締める ?[ひきしめる]?

①ぴんと張らせる。たるみをなくす。

①拉緊,消除松弛。

例:手綱(たづな)を引き締める。

拉近韁繩。

②心?気持ちを緊張させる。

②使心情緊張。

例:気持ちを引き締める。

使心情緊張起來。

③むだなところを削って、出費をおさえる。

③削減不必要的開支,控制費用。

例:財政を引き締める。

緊縮財政。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。