【本課講解步驟】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【本課內容】

単語:

生詞表3:
カップラーメン【名】碗裝方便面
そそぐ(注ぐ)【動1】加入、注入
にっしんしょくひん(日清食品)【專】日清食品
そうぎょうしゃ(創業者)【名】開創者、創立者、創建者、創業者
あんどうももふく(安藤百福)【專】安藤百福
インスタントラーメン【名】方便面
すでに【副】已經、業已
ししょくする(試食…)【動3】品嘗、試餐
すると【連】于是、接著
どんぶり【名】大腕、海碗
かわり(代わり)【名】代替、替代
かみコップ(紙…)【名】紙杯
くだく(砕く)【動1】掰碎、弄碎、打碎
かわる(代わる)【動1】代替
はんばいする(販売…)【動3】銷售、出售
かくしんする(確信…)【動3】堅信、確信
すえ(末)【名】結果;末尾、末了、結尾
さいようする(採用…)【動3】采用、采納
すべりおちる(滑り落ちる)【動】滑落、滑下

…圏(けん)…圈、…區域
…か國(かこく)…個國家

生詞表4
いっしょう(一生)【名】一生
もうける(儲ける)【動2】賺錢、發財
けがにん(けが人)【名】受傷的人、傷員
ひがい(被害)【名】損失、受災、受害
かくだい(拡大)【名】擴大、擴展
あう(遭う)【動1】遭遇、碰上
シートベルト【名】安全帶
こっせつ(骨折)【名】骨折
だんボールばこ(段…箱)【名】紙箱、紙盒
ネズミ【名】老鼠、耗子
とびだす(飛び出す)【動1】跳出、跑出;飛起
さる(猿)【名】猴子、猿猴
ちかよる(近寄る)【動1】挨近、靠近
うつ(打つ)【動1】敲、打
なべ(鍋)【名】鍋
ちょうなん(長男)【名】長子、長男
こめ(米)【名】米
こな(粉)【名】粉、粉末
はなしあい(話し合い)【名】協商、商談
まとまる【動1】一致;歸納;湊齊
けっきょく(結局)【副】結果、最后
もくてきち(目的地)【名】目的地
こづつみ(小包)【名】包裹
ようす(様子)【名】樣子
とかす(溶かす)【動1】溶解、溶化
シャッター【名】快門
うつす(寫す)【動1】拍照;描寫;抄寫
かていきょうし(家庭教師)【名】家教、家庭教師
エネルギー【名】能量、能源;精力
ながねん(長年)【名】多年、常年累月
どりょく(努力)【名】努力
てんけん(點検)【名】檢查
ロケット【名】火箭
はっしゃする(発射…)【動3】發射
ちんもく(沈黙)【名】沉默、安靜
おやつ【名】零食、點心、茶點
かたよる(偏る)【動1】不平衡;偏頗、偏袒
はなしかける(話しかける)【動2】搭話、打招呼

課文:

カップラーメン
カップラーメンは、お湯を注いで3分待つだけで、どこでも手軽に食べられる。
現在、世界中で愛されているカップラーメンを開発したのは、日清食品の創業者、安藤百福だ。1985年にインスタントラーメンを開発した安藤は、すでにこの時期、『インスタントラーメンの國際化』といる夢を持っていた。
ある年、安藤はキャンペーンのためにアメリカを訪れ、インスタントラーメンを試食してもらった。すると、相手はどんぶりを使う代わりに紙コップを使い、その中に砕いたインスタントラーメンを入れ、お湯を注いで、フォークで食べ始めた。
安藤はこれに驚き、「フォークの文化圏では、インスタントラーメンもフォークで食べられるようにしなければいけない」「どんぶりに代わる新しい容器が必要だ」と考えた。そして、新しい味をどんぶりではない新しい容器で販売し、フォークで食べられるようにすれば、インスタントラーメンは國際商品になると確信した。
しかし、開発は簡単ではなかった。容器の材料は、ガラス、紙、プラスチェック、金屬と、當時考えられるだけのものが集められた。さまざまな工夫の末、「発泡スチロール」が採用された。容器の形についても試作が繰り返された。片手で持てて、手から滑り落ちない形を理想として、現在の形が生まれた。
こうして、カップラーメンは1971年に発売された。さまざまなキャンペーンが行われ、今では世界中に広がり、80カ國以上の國で食べられている。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>